車を持てば費用がかかります。このデメリット特集は次のようになります。
購入費用:新車を200万円で購入して10年で乗り換えるとすると、1年あたり20万円かかります。
自動車税:炎03都道府県に支払うもので、一般的な乗用車なら、年に約4万円。
重量税:車重にもよりますが、年2万円程度。
自賠責保険料:年に1万円強。
任意保険料:年に5万円程度。
法定点検費用:平均すると、年に5万円程度。
これらの固定費だけで年間40万円近くになるほか、ガソリン代や高速料金の費用がかかります。また、盗難にあったり、傷をつけられたり、最悪の場合には事故を起こす側にもなります。
一方、車が必需品である方々もおられます。地方では公共交通機関が廃止になり、車がなければ生活ができない場所があります。また夜勤がある人は、都会でも車がなければ通勤できません。大会社の役員ならば、毎日、ハイヤーでの送り迎えもあるのでしょうが、一般の人には無理な話です。
旅行好きな家庭ならば、費用面でも車の利点があります。東京―大阪間を家族4人で往復する場合、新幹線や飛行機を利用するならば10万円以上かかりますが、車なら高速料金とガソリン代で4万円もかかりません。また大きな荷物を持って、移動するという苦労もありません。
結局、車を持つことのメリット・デメリットは、グルメやファッションと同じように、個人のライフスタイルや考え方によって変わるのです。